« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »

2013年12月

2013年12月11日 (水)

25.11.22~24 命の音楽チャリティ実行委員会東北視察

東日本大震災が起きて、2年9か月過ぎようとしています。
遠く離れた私達が出来ることは何・・?
救援活動に赴かれた方々の声を共に聴き、「支え合う」思いをこめて
命の音楽チャリティ実行委員会のメンバーと一緒に
東北に行ってみたい気持ちになり、今回実現することになりました。

11月22日
Imgp2422 Imgp2423
熊本空港で見送り受けて、名古屋経由で仙台へ・・・
色々な思いをこめて・・・

Imgp2455 Imgp2478
名古屋での乗り継ぎは、連絡バスだったので時間があるようで
慌ただしかった。
進行方向右側に富士山がきれいに見えて・・・わぁ~すげぇ~!
名古屋から仙台はちっちゃなプロペラ機でした。

Imgp2970
仙台空港で、NPO法人青年協議会の上村剛さんの出迎えをうけました。
NPO法人青年協議会のHPのなかに、上村剛さんのブログがあります。
http://seinen-kyougikai.jp/wp/

Imgp2485
石巻市にある「コスモスの家」を訪れました。
一般社団法人BUGUP石巻が、コミュニティスペースとしているところです。
仮設住宅へは支援の輪が広がるのに、かろうじて家が残り在宅を選べる
在宅被災者も支援を求めています。
地域の方々の助け合いを支援したいと代表の原田さんから説明してもらいました。
その後、地域の方が震災直後の様子などを話してくださいました。
BIGUP石巻のHPもご覧ください。
http://www.big-up-ishinomaki.jp/

Imgp2497 Imgp2509 Imgp2512
その後、近くの日和山公園に案内してもらいました。
海側と山側の状況を説明してもらいました。

Imgp2532_2 Imgp2543_2 Imgp2547
女川町に行きました。震災津波の遺構の説明板がありました。
凄まじい津波の威力に言葉がでません。
この一角にあった建物で働いていた人の遺族の説明板が・・・
それを見て、心痛な気持ち・・・

Imgp2556 Imgp2557
女川から車で約40分の大川小学校に着きました。
あたりはすっかり真っ暗です。
報道によれば七割近い児童が亡くなるという大惨事のところです。
ここも報道によれば色々ありますが、ひたすらご冥福を祈るしかありません。

Imgp2576
約2時間かかってホテルに到着。
その後、交流会と題して山形避難者母の会代表の中村美紀さんにおいで頂き、
現在の状況等を話して頂きました。
原発事故をうけて山形県内に避難してきた母子が孤立しないようにと
活動されてます。
山形避難者母の会のHP
http://yamagatahinanhaha.jimdo.com/

11月23日
Imgp2613 Imgp2621
6時に仙台市内のホテル出発。
南三陸町まで約2時間かかりました。時間があったので付近をみてみました。
時間がきましたので、これから案内してくれる方々とお会いしました。
一般社団法人震災復興支援協会つながり代表の勝又三成さん他です。
震災復興の為、精力的に動き回っておられる方です。
http://www.tsunagari-project.com/

Imgp2633 Imgp2639 
戸倉中学校跡にいきました。
震災発生時刻の14時46分でとまったままです。
こんな高台にも津波がおしよせて校庭が浸水しました。
教室には、翌日の卒業式の準備等がそのまま残されていました。

Imgp2669_3 
防災庁舎跡にいきました。
勝又さんが、遺族の心情としては・・・
マスコミのクローズアップのやりかたは・・・等、話されました。
でもこうして震災遺構があるからこそたくさんの方々が訪れています。
あの高さまで津波が来たとは・・・恐ろしい。

Imgp2681 
志津川高校に行く階段のところまで津波が押し寄せました。
近くにあった特養ホームの方々津波にのみ込まれたそうです。
目前で津波にさわられたと思うと・・・ 

Imgp2675_2 Imgp2709 Imgp2704
南三陸さんさん商店街に案内してもらいました。
沿岸部で商売されている方々が立ち上げた商店街です。
http://www.sansan-minamisanriku.com/

おすすめのキラキラいくら丼に舌鼓・・・
みんなよくばり過ぎたのと、しかも10時30分とオープンと同時に食したので・・・
うまか~~っ!!と悶絶!?

Imgp2730 
南三陸町伊里前福幸商店街です。
南三陸町歌津地区も津波災害にあわれています。
商売されている方々がたちあげています。

http://www.m-kankou.jp/isatomae-shoppingmall/

Imgp2741_2 Imgp2749_2 
漁港に案内してもらいました。
漁師さんから養殖ワカメ等の説明がありました。
手順をみせてもらうと、かなり根気がいる仕事でした。


Imgp2758 Imgp2750 Imgp2770  
長須賀海水浴場に案内してもらいました。
ここも津波の被害にあったところですが、たくさんの方々の手によって
今年オープンしたところです。
地元の小中高生らが 「自分の海で泳ぎたい」 と熱い思いに大人たちを
巻き込んでつくられたプライベートビーチに近いところです。
小中高生らも 「つながり南三陸シーモンキー」 をたちあげて活動しています。

Imgp2760 Imgp2766 Imgp2761
みんな、どんな思いで海を見つめているでしょうか・・・
水質検査では、最高ランクのAAだそうです。
ここでも復興として防潮堤の計画があがってます。
せっかくよみがえった海水浴場が・・・
でも見直ししてもらうべく、勝又さんらが動いておられます。
そして、ある高校生が夢・希望・ビーチ等熱く話されました。
「俺は、漁師になる!!」
熱意に押されたのか、まわりの協力で自分の漁船を手にいれたそうです。
勝又さんら案内はここまでです。
色々と、お世話になりました。
名残惜しそうでしたが次の目的地にむかいます。


Imgp2780t Imgp2786 Imgp2788r
所々に、今回の津波浸水のあった区間の標識がありました。
そして、奇跡の一本松にいきました。
東北の話があった時、距離的に無理と思っていたので訪れることが
できてよかったです。
しばらくあの時は・・・と思いました。 

Imgp2803_2 Imgp2807_2 Imgp2814_4
近くの道の駅高田松原跡に行きました。
東日本大震災追悼施設が一角に設けられています。
それから近くだったので私の希望をいれてもらい陸前高田駅跡に行きました。
がれき等は撤去され更地状態でした。
駅跡からかっての駅前通り跡を見ていると、賑わっていたのが一瞬にして
消えたのか・・・しばし呆然と立ちすくんで見詰めていました。
そして、不覚にも時間帯のせいでしょうか涙がポロポロおちました。

Imgp2821 Imgp2833
しばらく夕暮れ時の風景を見つめながら・・・
夜は、ここで食しました。

気仙沼線BRTBus Rapid Transit·バス高速輸送システム)
今回の視察ルート沿いに気仙沼線が見えたので車窓からですが
津波で壊滅状態になった様子を見ることができました。
復旧にはかなりの年数がいるので、地域の足を確保するため
仮復旧として無事だった線路をバス専用道として走ることになりました。
わかりやすく言うと列車代行バスみたいな感じです。
Imgp2598 Imgp2627 
南三陸町での集合場所近くに陸前戸倉駅がありました。
丁度専用道をバスが走ります。
Imgp2698 Imgp2605 Imgp2723
南三陸さんさん商店街の一角に志津川駅がありました。
専用道がないところでは、一般道を走ります。
所々に災害の爪痕があります。

11月24日
Imgp2841
本日、最終日。今日も6時出発です。
向かった先は、仙台から南に下って相馬市へいきました。
上村さんの案内で、小幡さんと会いました。
ここは原発事故があったところから近いので、放射線量を気にされていました。
放射線量が高いところでの災害直後からの復興する為の、苦労話等
話されました。
http://ameblo.jp/koueidoboku/entry-11711960103.html

Imgp2847_2 Imgp2855 Imgp2870_3
話の後、災害直後の写真を撮った場所へ案内されました。
2枚目の画像が木幡さんの家があったところです。

Imgp2897 Imgp2907
東北お遍路プロジェクトで式典があるのことで、おとずれました。
過去、高台にある神社付近まで津波がきたそうです。
その一環として、津波にまつわる紙芝居がありました。
http://tohoku-ohenro.jp/

Imgp2919
原発事故で仮設住宅等に連れてこれない犬たちがいるところです。
ここで、浪江町から避難している飼い犬主さんから現状を説明してもらいました。

Imgp2948 Imgp2950_2
仮設住宅にもどり、仮設住宅の会長さんより仮設住宅の現状や問題等を
話してもらいました。
放射線量の測定表が掲示されてありました。
ここで、案内してくれた木幡さんとお別れしました。
そして、某所で三日間私たちの為に案内してくれました上村さんとお別れしました。
三日間ありがとうございました。
 
Imgp2967 Imgp2976
そして仙台空港まで戻ってきました。
運転手さん、三日間私たちのために・・・ありがとうございました。
時間があったので周りを見てみました。
TVで見ていたので、ここまで津波浸水があったのかと思いました。

Imgp2977r Imgp2984 Imgp3001
大阪伊丹経由で無事熊本へ帰ってきました。
実際自分の目で見て聞いて東北の現状はどうだったか。
これを糧に今後のチャリティコンサート活動に生かしていけたらと思っています。
無事いけるか危ういところでしたが、本当に行けてよかったです。
皆さん、お疲れ様でした。

















« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »